ハブサイト作成

近い将来、SharePoint Online管理センターからハブサイトが作成できるようになる予定ですが、まだ当分の間は・・・ハブサイト作成には、新しいSharePoint管理センターと、PowerShellコマンドとを使用します。

(1) 新しいSharePoint管理センターで「コミュニケーション サイト」(デザイン=空白)を作成します。
 チームサイトだと Office365グループができてしまうので、コミュニケーションサイトの方がよいです。
(2) PowerShellコマンドでテナントに接続します。
 Connect-SPOService -Url https://TENANT-admin.sharepoint.com
(3) PowerShellコマンドでハブサイト登録します。
 Register-SPOHubSite URL
(4) Principals[0]: のプロンプトで Enterキー

ハブサイトに子供サイトを追加

ハブサイト(親サイト)ができたら、子供サイトを追加します。子供サイト側から親サイトに追加する感じです。

(1) ハブサイトに追加したい子供サイトコレクションのトップサイトで、[歯車]-[サイト情報]をクリックします。
 サイトコレクションのトップレベルサイトだけが登録できます。サブサイトは登録できません。
(2) [ハブサイトの関連付け]で ハブサイトを選択して [保存]をクリックします。
 [ハブサイトの関連付け]で 「なし」を選ぶと、関連付けが削除されます。
(3) Office365スイートバーの下に ハブのトップリンクバーが表示されます。

SharePoint OnlineモダンUIをフル活用するには、避けて通れないハブサイト 2

新しいSharePoint管理センターで ハブサイトに関連付けられたサイトが表示できます。

SharePoint OnlineモダンUIをフル活用するには、避けて通れないハブサイト 3

ハブサイトのWebパーツ

ハブサイトでは、「ニュース」「強調表示されたコンテンツ」「サイト」Webパーツの設定オプションに ハブサイト用の設定が追加されます。ハブサイトのページに「ニュース Webパーツ」を追加すると、ニュースソースの指定で「ハブ内のすべてのサイト」が選択でき、レイアウトで「ハブのニュース」が選択できるようになります。

SharePoint OnlineモダンUIをフル活用するには、避けて通れないハブサイト 4

ハブサイトのページに「強調表示されたコンテンツ(Highlighted content) Webパーツ」を追加すると、コンテンツソースの指定で「ハブ内のすべてのサイト」が選択できるようになります。

SharePoint OnlineモダンUIをフル活用するには、避けて通れないハブサイト 5

ハブサイトのページに「サイト Webパーツ」を追加すると、選択のオプションで「ハブ内のすべてのサイト」が選択できるようになります。選択のオプションで「サイトの選択」を選択すると 「このハブに関連付けられているサイト」が一覧表示されて 表示するサイトをチェックで選べるようになります。

SharePoint OnlineモダンUIをフル活用するには、避けて通れないハブサイト 6

(2018.11.30 追記)

SharePoint管理センターの設定メニュー、「サブサイト作成」の項目説明に、以下の文面が追加されています。『サブサイトを作成するのではなく、ハブサイトを使用して関連サイトに接続することをおすすめします。』

SharePoint OnlineモダンUIをフル活用するには、避けて通れないハブサイト 7

いままでは サイトコレクションの中に サブサイトを作成して コンテンツやアクセス権限を分離していたのですが、そのような構成ではなく 『サイトコレクション内には 1つのトップレベルサイトコレクションだけにして サブサイトを作成するな!ハブサイトでつなぎ変えろ!』っというメッセージですかね。

ハブサイト推し なのは解りますが。
その割には ハブサイトは 1テナントあたり 100サイトまでっという制限があったり...推し具合が解り辛い。


2018年の記事

2017年の記事


風水吉凶方位 風水吉凶方位 |  奇門遁甲 奇門遁甲 |  金運神社 金運神社 |  仏像 仏像 |  論語 論語 |  般若心経 般若心経 |  二十四節気 二十四節気 |  菜根譚 菜根譚 |  SharePoint活用 SharePoint |  OneNote活用 OneNote |  ICT活用 ICT