SharePoint Online 管理センターのサイトコレクション一覧

Office 365/SharePoint Onlineの利用が進むと、自然と SharePointサイトコレクション数も増加します。Office 365/SharePoint全体管理者は、SharePoint管理センターのサイトコレクション一覧画面で サイトコレクションを管理(作成、確認、削除)しますが、サイトコレクションの数が増えると 管理が大変になっていきます。経験値ですが 100を超えたあたりから「なんだっけ? このサイトコレクション」っというようなものがチラホラと発生して、300を超えると「全部 覚えるのは無理だね」っという感じになるかと。

サイトコレクション一覧画面には 1ページ辺り 30サイトコレクションが 表示されます。 表示される項目は、URL、使用済み記憶域サイズ(GB)、容量の上限(GB)、使用率、サーバーリソース クォーターの 5項目です。これらの5項目で 実際に使用している容量と 上限値は管理できるのですが...サイトコレクションごとに設定した「クォータ警告値」や「共有の設定値」は表示されていません。サイトコレクション数が少なければ、1つ1つのサイトコレクションの設定値を GUIで確認していけるのですが サイトコレクション数が増えると GUIの管理では時間がかかりすぎ...。プログラム(PowerShellスクリプト)ができる人がいれば、PowerShellでテナント内のサイトコレクション情報を収集できるのですが...。

SharePoint Online 管理センター サイトコレクション一覧 クォータ警告値 共有設定を一括取得 1

SharePoint Online 管理センター サイトコレクション一覧 クォータ警告値 共有設定を一括取得 2

クォータ警告値、共有設定を一括取得する方法

サイトコレクションごとのクォータ警告値、共有設定を一括取得する方法、以下の手順です。
(手順1) ローカルコンピュータで Excelアプリケーションを起動して、空白のブックを準備する。
(手順2) SharePoint全体管理者で、SharePoint管理センターにアクセスして サイトコレクション一覧を表示する。
(手順3) Ctrl+Aキーで全選択して、Ctrl+Cキーでコピーする。
(手順4) 手順1 のExcelブックで Ctrl+Vキーでペースト(貼り付け)する。
(手順5) サイトコレクションが 31以上ある場合は、次のページを表示して 手順3から4を繰り返す。

SharePoint Online 管理センター サイトコレクション一覧 クォータ警告値 共有設定を一括取得 3

Excelブックの 88行目あたりからが サイトコレクションの設定データです。サイトコレクション一覧画面上は 5項目(URL、使用済み記憶域サイズ、容量の上限、使用率、サーバーリソース クォーター)しか表示されていませんが、それ以外の項目(クォータの警告、外部ユーザーなど)は『隠し』で表示されていたっというわけです。これで クォータ警告が正しく設定されているか、外部共有の有無が正しく設定されているかが確認できます。


2018年の記事

2017年の記事


風水吉凶方位 風水吉凶方位 |  奇門遁甲 奇門遁甲 |  金運神社 金運神社 |  仏像 仏像 |  論語 論語 |  般若心経 般若心経 |  二十四節気 二十四節気 |  菜根譚 菜根譚 |  SharePoint活用 SharePoint |  OneNote活用 OneNote |  ICT活用 ICT