強調表示されたコンテンツ (Highlighted content) Webパーツの使い方

使い方は...とても簡単。モダン サイトページで Webパーツを追加すると、初期状態で「最終更新日時順 ドキュメント(Most recent documents)」が表示されます。

SharePoint モダン Webパーツ 強調表示されたコンテンツ Highlighted content 2

「左側の鉛筆マーク」をクリックすると右側に Webパーツの設定画面がオープンします。コンテンツ(Content)、フィルター/並べ替え(Filter and sort)、レイアウト(Layout)の3分類があります。クラシック時代の「コンテンツ検索 Webパーツ」、SharePoint 2010時代の「コンテンツクエリ Webパーツ」のようなパラメータがありますね。コンテンツでは、サイトコレクション・サイト、ライブラリやコンテンツタイプ、ドキュメントの種類などが選択できます。フィルター/並べ替えでは「指定語句を含むタイトル」のように 特定文字を含むものだけ 抽出できます。並べ替えは...対象データが SharePoint検索・Office Graphから取得しているため 「最終更新日時順(Most recent)」「表示回数順(Most viewed)」「人気順(Trending)」などで ソートできます。

SharePoint モダン Webパーツ 強調表示されたコンテンツ Highlighted content 3

レイアウト(Layout)は、カード(Cards)、リスト(List)、カルーセル(Carousel)、映写スライド(Filmstrip)の4つがあります。既定値はカードで Delveっぽい表示です。リストは リストアイテムの一覧ビューのように 1行1ファイルが表示されます。カルーセルは 1カードが表示されて、左右に矢印がついていて、クリックすると 次のカードが表示されます。映写スライドは、複数のカードが表示されて、マウスカーソルをのせると 左右に矢印がついて、クリックすると次のカードが表示されます。

SharePoint モダン Webパーツ 強調表示されたコンテンツ Highlighted content 4

SharePoint モダン Webパーツ 強調表示されたコンテンツ Highlighted content 5

残念な点は...カードの表示内容が変更できないところです。ドキュメント(または画像ファイル)の「作成者」と「更新日時」は 必ず表示されてしまいます。これがなければ、画像のカルーセル表示ができるのに・・・惜しい。


2018年の記事

2017年の記事


風水吉凶方位 風水吉凶方位 |  奇門遁甲 奇門遁甲 |  金運神社 金運神社 |  仏像 仏像 |  論語 論語 |  般若心経 般若心経 |  二十四節気 二十四節気 |  菜根譚 菜根譚 |  SharePoint活用 SharePoint |  OneNote活用 OneNote |  ICT活用 ICT