リストの表示 モダンとクラシックの切り替え

SharePoint Online モダン表示とクラシック表示の比較 リスト・ライブラリ編」で、リスト・ライブラリの詳細設定に「リストの表示」切り替えの設定があるか否かを紹介しました。

【切り替えのあるリスト】
・リンク
・お知らせ
・カスタムリスト

【切り替えのないリスト】
・予定表
・注目リンク
・ディスカッション掲示板
・タスク
・案件管理
・アンケート ※無くなってた。

【切り替えのあるライブラリ】
・ドキュメントライブラリ
・Wiki ページライブラリ
・画像ライブラリ

【切り替えのないライブラリ】
・フォームライブラリ
・メディア ライブラリ

モダンとクラシックのWebパーツ比較

SharePoint Online モダン ページの追加でWebパーツに翻弄される」で、モダンページのWebパーツに 「リスト」「ライブラリ」というWebパーツがあることを紹介しました。これらのWebパーツは、クラシックページ時代の「リストビューWebパーツ」と同じように、同一サイト内にあるリストの一覧ビューでアイテムデータが表示できるようなのですが...どこが同じで どこが違うのか 調べてみました。

モダン「リスト」Webパーツ
発端は、モダンページに「リスト」Webパーツを追加しても、選択できるリストが1つだったこと です。

SharePoint Online モダン Webパーツ リスト ライブラリ 1

従来の「リストビュー Webパーツ」と同様に、サイト内のコンテンツ(リスト・ライブラリ)がすべて選べるのかと思ったのですが。「リスト」と「ライブラリ」に分割されたので、ライブラリと名前が付くものは「ライブラリ」で、その他のリスト類は「リスト」で表示されるのかな?っと思ったのですが。選択できたリストは、「カスタムリスト」で、リストの詳細設定で「新しい表示」つまりモダン表示になっていたリスト。その他にも、全種類のリスト/ライブラリがあるのですが、リスト Webパーツでは選択できず・・・。

「お知らせリスト」をリストの詳細設定で「新しい表示」に変更してみるが・・・モダン「リスト」Webパーツでは選択できず。
「リンク リスト」をリストの詳細設定で「新しい表示」に変更してみるが・・・モダン「リスト」Webパーツでは選択できず。
・・・「カスタム リスト」一択ってことですね。

(2018.02.01 追記)

いままで使ってた「お知らせリスト」が使えないのが悔しくって、追加で試してみました。
(1) コンテンツタイプ「アイテム」を追加
→ リストWebパーツの候補には現れず...。
(2) 既定のコンテンツタイプを「アイテム」に変更
→ リストWebパーツの候補には現れず...。
(3) コンテンツタイプ「お知らせ」を削除
→ 使用中のエラーで削除不可

リスト定義が「カスタムリスト」で作られたリストが、リストWebパーツの対象となっているようですね。残る手段は、リストテンプレートにデータ退避して、リストテンプレートを書き換えて カスタムリストにするという邪道な方法か・・・もしくは PowerShell、JavaScript(CSOM)で データコピーですかね。

モダン「ライブラリ」Webパーツ
気を取り直して「ライブラリ」Webパーツ。こちらは、なんと! サイト内のライブラリと名の付くもの すべてが選択できます。「サイトのリソースファイル」などのシステム的なライブラリは表示して欲しくないのですが。

SharePoint Online モダン Webパーツ リスト ライブラリ 2

ただ、残念なことに クラシック表示のときにあった「縮小表示」「スライドショー」などのビューは再現できず、列と値を表形式で表示するだけ...んー 惜しい。


2018年の記事

2017年の記事


風水吉凶方位 風水吉凶方位 |  奇門遁甲 奇門遁甲 |  金運神社 金運神社 |  仏像 仏像 |  論語 論語 |  般若心経 般若心経 |  二十四節気 二十四節気 |  菜根譚 菜根譚 |  SharePoint活用 SharePoint |  OneNote活用 OneNote |  ICT活用 ICT