クラシック表示の3つのフォーム:表示、新規追加、編集

SharePoint 2013(相当のSharePoint Online)以降では、リスト(またはライブラリ)ごとに、表示・新規追加・編集 3つのフォームが存在しました。表示フォームは、DispForm.aspx というページ名で、引数 IDにリストアイテムのIDを指定すると、当該リストアイテムのデータがフィールド(列)ごとに表示されます。

SharePoint モダン クラシック フォーム 1

新規追加フォームは、NewForm.aspx というページ名で、引数はなし。新しいリストアイテムデータをフィールド(列)ごとに入力できます。

SharePoint モダン クラシック フォーム 2

編集フォームは、EditForm.aspx というページ名で、引数 IDにリストアイテムのIDを指定すると、当該リストアイテムのデータがフィールド(列)ごとに表示され、編集できます。

SharePoint モダン クラシック フォーム 3

モダン表示では「ダイアログボックスでフォームを開始する」は無視される

リスト(またはライブラリ)設定の詳細設定画面では、フォームをダイアログで表示するか ベース画面に画面遷移して表示するかが選択できます。

SharePoint モダン クラシック フォーム 4

クラシック表示では、このオプションで、ダイアログ(ポップアップ)表示するかを指定すれば ちゃんと表示できていましたが...。モダン表示では、このオプションは無視され、ダイアログでは表示できなくなりました。

モダン表示では カスタマイズしたフォームは クラシック表示になる

クラシック表示では、ページの編集で コンテンツエディタWebパーツやスクリプトエディタWebパーツが追加できて、CSSやJavaScriptなどでカスタマイズができました。リストの設定をモダン表示にしても、クラシック表示でカスタマイズしたフォームは、クラシック表示になります。

モダン表示では、変更履歴付きの複数行テキストがあると クラシック表示になる

クラシック表示では、リスト詳細設定でバージョン履歴をONにすれば、複数行テキストに変更履歴が付加できました。 リストの設定をモダン表示にしても、変更履歴がついた複数行テキストがある場合、クラシック表示になります。

モダン表示では、複数行テキストの入力が2 STEPになる

クラシック表示では、新規追加フォーム、編集フォームで フォーム上に複数行テキストが入力できましたが、 モダン表示では、フォーム上の複数行テキストの[編集]ボタンをクリックして、オープンしたダイアログで複数行テキストを入力する2 STEP動作になりました。

SharePoint モダン クラシック フォーム 5

モダン表示では、選択肢ラジオボタンが ドロップダウンリストになる

リスト設定の列作成で 選択肢の列を作ると ドロップダウン、ラジオボタン、チェックボックスの3種類が指定できます。クラシック表示では、択一/複数選択、選択肢の数や 他の選択肢との統一性などを考えて、3種類を使い分けていました。モダン表示では、ラジオボタンがドロップダウンリストになります。

SharePoint モダン クラシック フォーム 6

モダン表示では、選択肢チェックボックスが ドロップダウンリストの中にある

ラジオボタンがドロップダウンリストに吸収されたような大幅な仕様変更ではありませんが、モダン表示ではチェックボックスは ドロップダウンリストの中に、チェックボックスが縦に並ぶ感じに変更されました。複数選択できるので機能的には問題ありません。フォームのスペースを無駄に消費しないというメリット、選択されたチェックボックスが解りにくいというデメリット、それぞれありますが。

SharePoint モダン クラシック フォーム 7

モダン表示の DispFormでは、複数行テキストがダイジェスト表示になる

モダン表示の表示フォーム(DispForm.aspx)では、複数行テキストデータが多い場合に、前半部分だけがダイジェストで表示されます。編集フォーム(EditForm.aspx)では 全てのテキストデータが表示されるのでバランスが悪い感じもしますが。表示フォームの表示スペース節約という感じでしょうか。

SharePoint モダン クラシック フォーム 8

モダン表示の DispFormでは、複数行テキストが編集できる!?

モダン表示の表示フォーム(DispForm.aspx)では、複数行テキストデータが編集できます。表示フォームなのに編集できるという摩訶不思議な仕様です。これは、フォーム(のベース部分)から 複数行テキストを独立させたためだと思いますが、いままでのSharePoint3フォームの仕様から考えると とても奇異な感じがします。

モダン表示では、複数ファイルアップロードができる

ここまでは、モダン表示で「できなくなったこと」「おかしくなったこと」ばかりでしたが・・・モダン表示のフォームでは「添付ファイル追加」で複数のファイルが指定できるようになりました。クラシック表示では、添付ファイルは1つづつしか追加できず、操作が大変だったので 複数アップロードはうれしいです。

SharePoint モダン クラシック フォーム 9

(2017.11.06 追記)

Microsoft Supportページで、モダン表示とクラシック表示の違いがまとめてありました。少し古い情報なので、細かな部分は載っていませんが...。
Differences between the new and classic experiences for lists and libraries.(Microsoft Support)


2018年の記事

2017年の記事


風水吉凶方位 風水吉凶方位 |  奇門遁甲 奇門遁甲 |  金運神社 金運神社 |  仏像 仏像 |  論語 論語 |  般若心経 般若心経 |  二十四節気 二十四節気 |  菜根譚 菜根譚 |  SharePoint活用 SharePoint |  OneNote活用 OneNote |  ICT活用 ICT