モダン表示の振り返り、今回のお題

SharePoint Onlineモダン表示について、2年前から いくつかの記事を投稿してきました。
(2016/06/29) SharePoint ドキュメントライブラリ UI変更(モダン)
(2016/11/02) モダンUIと呼ばれる SharePoint リストの外観変更
(2017/09/13) SharePoint Online モダン表示とクラシック表示の比較 リスト・ライブラリ編

今回は 「クラシック表示」と「モダン表示」の調査、第二弾「ナビゲーション」です。

SharePointのナビゲーションメニュー

SharePointには トップリンクバー(Global Navigation)と サイド リンクバー(Quick launch) の2つのナビゲーションメニューが標準でサポートされます。SharePoint 2013(相当のSharePoint Online)以降は、サイトのレイアウトで Seattle と Osloが選択できます。『Seattle と Osloの違い』の記事にもあるように、SeattleとOsloでは トップリンクバーとサイドリンクバーの配置場所が異なります。

Seatle クラシック・モダン表示の差異

サイトのレイアウトを Seattleに設定して、クラシック表示とモダン表示を比較してみました。

SharePoint Online モダン表示とクラシック表示の比較 1Seattle クラシック表示

SharePoint Online モダン表示とクラシック表示の比較 2Seattle モダン表示

Seattle モダン表示では、クラシック表示と比較して 以下の点が変更されています。
・サイドリンクバーの「最近使った項目(Recent)」は表示されない。
・サイドリンクバーに「従来のSharePointの表示に戻す(Return to classic SharePoint)」が表示される。
・トップリンクバーの「当該サイトへのリンク」は表示されない。

Oslo クラシック・モダン表示の差異

サイトのレイアウトを Osloに設定して、クラシック表示とモダン表示を比較してみました。

SharePoint Online モダン表示とクラシック表示の比較 3Oslo クラシック表示

SharePoint Online モダン表示とクラシック表示の比較 4Oslo モダン表示

Oslo モダン表示では・・・というよりは モダン表示では「サイトのレイアウト」とは無関係に ナビゲーションなどが決まっている模様。モダン表示は、既存サイトとの親和性や Look & Feelの統一は考えられておらず 独自路線をまい進しているようですね。今後、モダン表示が主流になるのだとしたら、サイトのページなどの見直しが必要になりますね。また、モダン表示に対応していないリスト/ライブラリの扱いがどうなるのかも興味があります。今後のUPDATEに期待したいと思います。

(2017.12.26 追記)

まだ 「クラシックが無くなる」というアナウンスはありませんが、2017年夏以降の頻繁なモダン関連 UPDATEから考えると 「クラシックの寿命」は それほど長くないのではないかと思われます。

しばらくの間(恐らく 2018年末ぐらいまで)は モダンとクラシックが混在することになります。SharePointプロフェッショナルであれば「これはクラシックだから」「これはモダンだから」と操作を使い分けられますが、一般ユーザーから見ると 2つのユーザーインターフェイスを使い分けるのは至難の業...。

モダンとクラシック混在であれば 出来る限り Look & Feel(見た目と操作感)を近づけた方が 使いやすいので、「クラシックのレイアウトは Seattleを使う(Osloは使わない)」のが ベターな選択ではないかと思う今日この頃です。

モダンはカスタマイズが困難なので、クラシックページをモダンのようにカスタマイズするっていう手もありますが...無くなる可能性があるもの(クラシック)に 投資する(費用をかける)のも どおかと思いますよね。それならば、クラシックページをモダンページで作り直していく方が 未来志向な感じがする!?


2018年の記事

2017年の記事


風水吉凶方位 風水吉凶方位 |  奇門遁甲 奇門遁甲 |  金運神社 金運神社 |  仏像 仏像 |  論語 論語 |  般若心経 般若心経 |  二十四節気 二十四節気 |  菜根譚 菜根譚 |  SharePoint活用 SharePoint |  OneNote活用 OneNote |  ICT活用 ICT