SharePoint Online/OneDrive for BusinessのUpdateが多い

ここ数か月、SharePoint Online/OneDrive for Business の Update(機能追加)が多いですね。SharePoint OnlineのUpdateは モダンUI関連、ページ関連が多く、OneDrive for Businessは 左側リンクメニューや サイト設定がらみが多い感じです。気になるのは SharePointサイトのデザインに影響する Updateが多いという点です。

SharePoint サイドリンクバー(Quick Launch)に「ページ」リンク、「クラシック表示を終了」リンクが追加されると すべてのユーザーに表示されるので、ユーザーがクリックしてしまい...サポート担当者が大忙しになります。

SharePoint サイドリンクバー Quick Launch 変更 1

OneDrive サイドリンクバー(Quick Launch)に「+(Groups作成)」リンクが追加されると すべてのユーザーに表示されるので、ユーザーがクリックしてしまい...サポート担当者、システム管理者が管理できなくなります。

SharePoint サイドリンクバー Quick Launch 変更 2

SharePointサイドリンクバー

マスターページ SeattleとOsloについては、Osloとの闘い にも書きましたが...。SharePoint Server 2010では、「トップリンクバー」が画面上部(サイト名の上)にあり、サイト間のナビゲーションを実現していました。「サイドリンクバー」は画面左部にあり、サイト内のナビゲーションを実現していました。

SharePoint Server 2013からは Osloと呼ばれるマスターページが登場して、「トップリンクバー」が表示されなくなり、「サイドリンクバー」が画面上部(サイト名の下)に表示されます。サイドリンクバーなのに「上に」ある? 謎な仕様ですが、英語名は「サイドリンクバー」ではなく「Quick Launch」なので 左にあっても 上にあっても問題なしってことでしょうか...。

SharePointサイドリンクバーに追加されたリンク類

そして、ここ数か月のSharePoint Onlineに対するUpdateでは、サイドリンクバー(Quick Launch)に、以下のリンクが追加されました。
・「ページ」リンク
・「ニュース」リンク
・「クラシック表示を終了」リンク

SharePoint サイドリンクバー Quick Launch 変更 3

・「ページ」リンク
サイトのページライブラリへのリンク。何に使って欲しいのでしょうか...。サイトのページを作るのは、サイト管理者。サイトを利用するユーザーには不要なメニューだと思います。

・「ニュース」リンク
OfficeGraph/Delveが有効になっている場合に、下位のサイトを含めた更新履歴が表示される「ニュース」ページですが。わざわざ チームサイトのすべてのナビゲーションメニューに追加する意味が不明ですね。

・「クラシック表示を終了(Exit classic experience)」リンク
モダンUI/クラシックUIの切り替えは、リスト(またはライブラリ)の詳細設定でできますが・・・。ユーザーごとに、モダンUI/クラシックUIをパーソナライズされると・・・サポートが大変。「クラシックUIを早く終了させたい」という意味なのでしょうか?

「クラシック表示を終了(Exit classic experience)」リンクは、モダンUIに対応しているリスト/ライブラリで表示され・・・かと思えば、アンケートリストなどでも表示されます。

「クラシック表示を終了」が表示されるリスト/ライブラリ
・注目リンク(Promoted Link)タイルビュー
・アンケート(Survey)
・お知らせ(Announce)

「クラシック表示を終了(Exit classic experience)」リンクは、モダンUIに対応していない カスタムリストなどでは 表示されないのですが、表示される/されないの基準がよくわからない感じです。


2018年の記事

2017年の記事


風水吉凶方位 風水吉凶方位 |  奇門遁甲 奇門遁甲 |  金運神社 金運神社 |  仏像 仏像 |  論語 論語 |  般若心経 般若心経 |  二十四節気 二十四節気 |  菜根譚 菜根譚 |  SharePoint活用 SharePoint |  OneNote活用 OneNote |  ICT活用 ICT