間延びしたような 画面いっぱい使うデザイン

ここ数年の流行りである「何となく 間延びしたような 画面いっぱい使うデザイン」への移行を果たした Oslo。WebパーツとWebパーツの幅を狭めるだけでも四苦八苦し、スタイル指定が荒いと 全然関係ない所のスタイルが変更されたりする。Seattleだと、ヘッダー部分/トップリンク/サイドリンク/コンテンツエリアの4エリアで役割分担して、サイト間ナビゲーションとサイト内ナビゲーションを表示できたのに・・・。

ヘッダーとサイト
トップリンクバー
サイド
リンクバー
(Quick launch)
コンテンツエリア

Osloだと、従来のトップリンクバーの位置に サイドリンクバーの要素が移動する。英語名は QuickLaunchなので、画面上部にあっても違和感がないが、日本語名は サイドリンクバーという呼び名なのに、画面の上部にあるという矛盾。コンテンツエリアの横幅が広がることで、コンテンツエリアに色々な要素を詰め込めるので、便利は便利だがトップリンクバーは 何処(どこ)へ? っという疑問が。

ヘッダーとサイト
サイドリンクバー(Quick launch)
コンテンツエリア

サイトの設定では、トップリンクバーどころか サイドリンクバー(Quick launch)をオフにできるので、一切のリンクを画面表示せずに、「あとは コンテンツエリアにお任せ」にもできる。その分、コンテンツエリアの設計がしっかりしていないと、統一感のないWebサイトになってしまうが・・・


2018年の記事

2017年の記事


風水吉凶方位 風水吉凶方位 |  奇門遁甲 奇門遁甲 |  金運神社 金運神社 |  仏像 仏像 |  論語 論語 |  般若心経 般若心経 |  二十四節気 二十四節気 |  菜根譚 菜根譚 |  SharePoint活用 SharePoint |  OneNote活用 OneNote |  ICT活用 ICT