2015.12.05頃の情報

SharePoint Onlineでは、「スクリプト エディター Webパーツ(ScriptEditorWebPart)」という便利なWebパーツがあります。

SharePoint スクリプト エディター Webパーツ 1

スクリプト エディター Webパーツでは、HTMLコードが入力できます。デザインカスタマイズ(要らない項目の非表示)などが簡単にできます。

SharePoint スクリプト エディター Webパーツ 2

従来からある コンテンツエディターWebパーツ(ContentEditorWebPart)では ライブラリ等にJavaScriptファイルを置いて、jQueryなどを利用できますが コンテンツエディターWebパーツは、HTMLコードを SharePointが書き換える というお行儀の悪い部分があり...人が読んで解りやすいHTMLを書いても 勝手に 変なインデントや改行をされたりっと 不評でした。

スクリプト エディター Webパーツと コンテンツエディターWebパーツとの棲み分けは、スクリプト エディターは、HTML(というよりも Style指定)のデザインカスタマイズに使い、コンテンツエディターは、リッチテキスト入力、ファイル指定で JavaScript実行に使う感じでしょうか。色々と選択肢が増えるのは カスタマイズや開発をおこなう立場の人にとって いい事ですね。

2015.12.17頃の情報

ご存知の方も多いかもしれませんが...コンテンツエディタWebパーツでは、HTMLのFORMタグが使えません。汎用ボタン(INPUTタグの BUTTON)を使おうと思い、FORMタグでくくると、コンテンツエディタWebパーツでエラーになります。FORMタグでくくらなければ、INPUTタグだけなら使えるんですが、何となく嫌な感じですね。

2016.01.23頃の情報

ご存知の方も多いかもしれませんが...コンテンツエディタWebパーツでは、HTMLコメントが 保存時に削除されます。色々と試している最中に「このコードは 後で使うかも」と思って コメントアウトすると 保存時に削除されて、次に表示したときには居なくなっています。んー、残念。そして、コンテンツエディタWebパーツでは、HTMLのiFrameタグも...ちゃんと表示されません。ページの編集モードでは、ちゃんと表示できているのに、編集内容を保存すると 真っ白になります。編集モードで「出来そうな感じ」を出しておきながら、実際には使えないっという小悪魔な感じです。


2018年の記事

2017年の記事


風水吉凶方位 風水吉凶方位 |  奇門遁甲 奇門遁甲 |  金運神社 金運神社 |  仏像 仏像 |  論語 論語 |  般若心経 般若心経 |  二十四節気 二十四節気 |  菜根譚 菜根譚 |  SharePoint活用 SharePoint |  OneNote活用 OneNote |  ICT活用 ICT