SharePoint(シェアポイント)とは? WikipediaとMicrosoftの定義

Wikipediaの SharePoint 定義は「 SharePointはIISをベースとし、Microsoft SQL ServerをデータベースとするASP.NET2.0Webアプリケーションである。」とのこと。 なるほどね。オンプレミスSharePointは WebサーバーにIIS、データベースにSQL Server使っているので システム管理者からみたSharePoint説明ですね。

Microsoft社のSharePoint 定義は「 Microsoft SharePoint は、先進の機能を大幅に拡張したコラボレーション ソフトウェアです。SharePoint を使うと、安全なプラットフォームで、情報や仕事の共有、共同作業、プロジェクトやチームの整理、人や情報の検索を行うことができるようになります。」とのこと。 なるほどね。「先進の」っとかはさておき プラットフォーム、情報共有、検索などのキーワードが盛り込まれた ユーザーからみたSharePoint説明ですね。

SharePoint(シェアポイント)とは?

SharePointは、Microsoftが提供する情報共有の製品、テクノロジーです。シェアポなどと略して呼ばれる場合もあります。

現在は、「Microsoft SharePoint Server 2019 」が最新バージョンです。1つ前のバージョンは、Microsoft SharePoint 2016です。

4つ前のバージョンでは名前に「Office」がついていて MOSS(モス、Microsoft Office SharePoint Server)と呼ばれていましたが、Officeがなくなりましたので、「SPS」(SPS2010,SPS2013,SPS2016,SPS2019)と呼ばれるようになったみたいです。以前のバージョンと比較して、AccessデータベースのコンバートやOfficeリボンインターフェイスなど大幅に機能拡張されています。

SPS2010,2013,2016には、標準的な Standard Editionと、ビジネスソリューション機能付のEnterprise Editionがあります。SPSのベーステクノロジーは SharePoint Foundation 2010,2013,2016です。SharePoint Foundation 2010,2013は無償です。SPS2010 FoundationはWindows Server 2008 R2、Windows 7などにインストールできます。SPS2013 Foundation はWindows Server 2012にインストールできます。

SharePointのデータは SQL Serverに格納されます。無償のSQL Server Express Editionを使用することもできますが、データ容量に制限があるため注意してください。SharePointのWebインターフェイスは IIS上で動作します。IISは Windows Server 2008,2012などに標準でインストールされるWebサーバーです。その他にも、SharePoint 2010をインストールするためには .NET Framework 3.5 SP1以降が、SharePoint 2013をインストールするためには.NET Framework 4.5 以降が必要です。SharePoint Server 2010とSharePoint Foundation 2010の主な機能の違いを下表に示します。

ソーシャル ネットワーク 機能 (タグとメモ、個人用サイトなど)

-: SharePoint Foundation 2010
○: SharePoint Server 2010 Standard Edition
○: SharePoint Server 2010 Enterprise Edition

コンテンツ 管理機能 (SharePoint Server 発行機能など)

-: SharePoint Foundation 2010
○: SharePoint Server 2010 Standard Edition
○: SharePoint Server 2010 Enterprise Edition

検索機能

※1: SharePoint Foundation 2010
※2: SharePoint Server 2010 Standard Edition
※3: SharePoint Server 2010 Enterprise Edition

※1 サイトコレクション内のコンテンツ検索のみ
※2 Search Service Application、クロールのスケジューリング、インデックス サーバーの冗長化、検索先の追加などが可能。Web サイト、ファイル サーバー、Exchange Server のパブリック フォルダーなどが検索できる
※3 ※2に加えて、FAST Search Server 2010 for SharePoint の併用ができ 詳細なコンテンツ検索が可能。

データ分析 可視化機能

-: SharePoint Foundation 2010
-: SharePoint Server 2010 Standard Edition
※: SharePoint Server 2010 Enterprise Edition

Excel Services
グラフ Web パーツ
PerformancePoint Services
PowerPivot for SharePoint

SharePointでできること

Microsoft SharePoint Server 2010(以下、SharePoint Server)は Microsoft SharePoint Foundation 2010 (以下、SharePoint Foundation)をベースとしています。 旧バージョンの Microsoft Office SharePoint Server 2007 (以下、SharePoint Server)は Windows SharePoint Services 3.0 」(以下、WSS)をベースとしています。SharePoint Foundation(旧、WSS)は、小規模なチームでの情報共有ができます。 ドキュメント共有、Wiki、ブログ、RSSサポート、ディスカッション、連絡先、予定表、タスクなどの基本的な機能があります。

SharePoint Serverは、中大規模なチーム、企業での情報共有ができます。SharePoint Foundation(旧、WSS)の機能に加え、検索やコンテンツ管理などのエンタープライズ機能があります。

SharePointの用語

SharePointには独自の用語があり、SharePointを構築・運用する際には それらの基本的な用語を理解している方が、 スムーズに作業がすすみます。MicrosoftのWebサイト(MSDNサイト、Officeサイト、SharePointサイト)では SharePointに関する情報が提供されていますが、複数のWebサイトにわかれているために理解が時間がかかります。また、SharePoint移行サービスなどを提供しているSI企業のWebサイトでは、SI企業が提供しているサービスに関する部分しか情報がなく、SharePointの全体を理解するのが難しく感じます。

コラボレーション(Collaboration)

コラボレーション(Collaboration)は、協力, 協同という意味です。企業内で複数の人員が共同して作業する場合に、作業効率や生産性を向上させる目的があります。SharePointのコラボレーション機能では、ブログやWikiを使った情報共有や、ガントチャート形式のスケジュール管理などがあります。

ポータル(Portal)

ポータル(Portal)は、玄関という意味です。1990年代後半に 何かインターネットやイントラネットで作業を行う際に一番最初にそのWebサイト(またはWebページ)にアクセスするという考えがありました。日本国内では Yahoo!などがポータルサイトとして、いまでも有名です。SharePointのポータル機能では、これまでのバージョン(SharePoint Portal Server 2003)などと比較して簡単に「サイト」を作ったり、複数のサイトを「サイトコレクション」として管理できます。

Knowledge is power. (By. francis bacon)

「知識は力なり」とフランスの哲学者フランシス・ベーコンが述べた言葉は、現代でも有用な格言です。知識を個々人がため込んでいては、企業/組織/集団/社会としての 力は伸びません。知識を企業/組織/集団/社会で共有することで、全体のレベルが上がると共に、知識を提供した人にも更なる知識が集まり、洗練されていきます。


2018年の記事

2017年の記事


風水吉凶方位 風水吉凶方位 |  奇門遁甲 奇門遁甲 |  金運神社 金運神社 |  仏像 仏像 |  論語 論語 |  般若心経 般若心経 |  二十四節気 二十四節気 |  菜根譚 菜根譚 |  SharePoint活用 SharePoint |  OneNote活用 OneNote |  ICT活用 ICT