OneNote 挿入ファイルサイズごとのオプション表示

OneNoteノートブックに Wordファイル、Excelファイル、画像ファイルなどを どんどんと挿入して、1つのノートブックを情報の起点やデータベースのように使う方法があります。その場合、気になるのが 挿入できるファイルのサイズ。ということで、OneNote 2016で ファイル挿入してみて ファイルサイズの制限を調べてみました。

小さなサイズ Excel

OneNote 挿入 小さなサイズ Excel小さなサイズのExcelファイルをドラッグアンドドロップで OneNoteノートブック(のページ)に挿入すると、ダイアログが表示されて、「ファイルの添付」「スプレッドシートの挿入」「グラフまたは表の挿入」の3つから選択できます。

小さなサイズ Word, PowerPoint, PDFなど

OneNote 挿入 小さなサイズ Word, PowerPoint, PDFなど小さなサイズのファイル(Word, PowerPoint, PDF)をドラッグアンドドロップで OneNoteノートブック(のページ)に挿入すると、ダイアログが表示されて、「ファイルの添付」「印刷イメージの挿入」の2つから選択できます。

大きなサイズ Word, PowerPoint, PDFなど

OneNote 挿入 大きなサイズ Word, PowerPoint, PDFなど大きなサイズのファイルをドラッグアンドドロップで OneNoteノートブック(のページ)に挿入すると、ダイアログが表示されて、「SharePointにコピーしてリンクする(推奨)」「ファイルの添付」「印刷イメージの挿入」の3つから選択できるようになります。「SharePointにコピーしてリンクする(推奨)」は ファイルの実体は SharePoint上に置いて そのリンクURLを OneNoteに挿入する仕組みです。ファイルサイズは 10 MBが境界となっているようで 10 MB以上のファイルを挿入すると 3つの選択肢ダイアログになります。

巨大サイズ Word, PowerPoint, PDFなど

OneNote 挿入 巨大サイズ Word, PowerPoint, PDFなど巨大サイズのファイルをドラッグアンドドロップで OneNoteノートブック(のページ)に挿入すると、ダイアログが表示されて、「SharePointにコピーしてリンクする(推奨)」「印刷イメージの挿入」の2つから選択できるようになります。「ファイルの添付」ができなくなっています。ファイルサイズは 50 MBが境界となっているようで 50 MB以上のファイルを挿入すると 2つの選択肢ダイアログになります。

ファイル挿入の評価結果まとめ

上記の評価結果をまとめると、OneNoteノートブックのファイル挿入の仕様は、以下の通りです。
(1) Excelファイルは独自のメニュー「スプレッドシートの挿入」と「グラフまたは表の挿入」がある。
(2) 10 MB未満は、「ファイルの添付」「印刷イメージの挿入」の二者択一。
(3) 10 MBから 50MB未満は、「SharePointにコピーしてリンクする(推奨)」「ファイルの添付」「印刷イメージの挿入」の三者択一。
(4) 50 MB以上は、「SharePointにコピーしてリンクする(推奨)」「印刷イメージの挿入」の二者択一。

OneNote Onlineの場合は、挿入方法のダイアログは表示されず、ファイル添付されます。数10 MBのファイルでも 同じような仕様です。



風水吉凶方位 風水吉凶方位 |  奇門遁甲 奇門遁甲 |  金運神社 金運神社 |  仏像 仏像 |  論語 論語 |  般若心経 般若心経 |  二十四節気 二十四節気 |  菜根譚 菜根譚 |  SharePoint活用 SharePoint |  OneNote活用 OneNote |  ICT活用 ICT