OneNote 2016 エクスポート機能の概要

OneNoteで様々なコンテンツを追加・編集していき、ある程度のコンテンツがたまったら、そのコンテンツを一部分だけWordで再利用したり、PDFに出力して印刷したりできます。OneNote 2016で 出力したいページを選んで、リボン [ファイル]タブ、[エクスポート]で 出力形式が選択できます。OneNoteには ノートブック、セクション、ページという階層がありますが それぞれの階層で、エクスポートできる形式が異なります。

(1) OneNoteノートブック のエクスポート

OneNote ノートブック のエクスポートOneNoteノートブックは、OneNoteパッケージ(*.onepkg),PDF,XPSの3種類のエクスポートがサポートされています。小さなテーマでまとまったノートブックであれば、PDFファイルに一括出力ができて便利です。様々なテーマを含んだノートブック、サイズが大きくなったノートブックのバックアップや移動には、OneNoteパッケージが便利です。OneNoteパッケージ(*.onepkg)にエクスポートする画面では、パッケージに含める対象がノートブック、セクション、ページから選べます。つまり・・・エクスポートメニューからは あたかも「ノートブック単位」に見えますが、「セクション単位」「ページ単位」でもパッケージにできるという謎の仕様です。OneNoteパッケージ(*.onepkg)は、使いこなせば便利な機能ですが、ファイル配置場所がOneDriveなのか、SharePoint Onlineなのか、ローカルPCなのか あやふやな状態だと無駄にサイズを喰うだけになるので注意が必要です。OneNoteパッケージ(*.onepkg)のファイルサイズは、OneNoteノートブックの25%ぐらいになるので 定期的にバックアップするのに便利ですね。履歴、バージョン、ごみ箱など 不要なものを削除してから パッケージを作れば、もっとディスク容量を節約できます。

(2) OneNoteセクション のエクスポート

OneNote セクション のエクスポートOneNoteセクションは、OneNote 2010-2016セクション(*.one),Word文書,PDF,XPS,単一ファイル Webページへのエクスポートがサポートされています。コンテンツの再利用では Word文書へのエクスポートが便利です。Webページの下書きをOneNoteで作って Webページにエクスポートすれば 簡単に プレゼン用のWebページができますね。

(3) OneNoteページ のエクスポート

OneNote ページ のエクスポートOneNoteページは、OneNote 2010-2016セクション(*.one),Word文書,PDF,XPS,単一ファイル Webページへのエクスポートがサポートされています。サポートされるエクスポート機能は セクションと同じです。



風水吉凶方位 風水吉凶方位 |  奇門遁甲 奇門遁甲 |  金運神社 金運神社 |  仏像 仏像 |  論語 論語 |  般若心経 般若心経 |  二十四節気 二十四節気 |  菜根譚 菜根譚 |  SharePoint活用 SharePoint |  OneNote活用 OneNote |  ICT活用 ICT