OneNote 2016 既定のフォント

OneNote 2016 既定のフォントOneNote 2016の既定フォントは、Windows 10でおなじみの「游ゴシック」。見る角度によっては かすれて見えるので、好みでない人もいらっしゃいますね。OneNoteオプションで、既定のフォントを「Meiryo UI」に変更しても、入力時に(半角スペースを入力すると)「游ゴシック」に戻ります。オプション設定の どこをみても、フォント設定は見当たらず、「游ゴシック」で入力された文章を せっせと「Meiryo UI」に変更するという面倒な作業をしていたりします。既定のフォントが適用されるのは「新しいページ」だけです。残念ながら、既存ページとページタイトルには適用されません。

OneNote 2016 ページテンプレートとフォント

OneNote 2016 ページテンプレートとフォントOneNote 2016でページテンプレート作って、新しいページを追加する際に フォントを決めてしまえば!・・・と ページテンプレートを作っても、「用紙サイズ」「罫線」「ページの色」などは変更できますが、「フォント」はページテンプレートに含まれていませんので フォント指定不可です。

OneNote 2016 入力フォントを変更するには?

OneNote 2016ページで入力する際のフォントを変更するためには、「スタイル」を変更する必要があるのですが、OneNoteの仕組みで「スタイル」は固定。カスタマイズする画面や その他の方法も提供されていません。Word 2016では、「スタイル」がカスタマイズ可能なのですが、OneNote 2016では そこまでの機能はありません。OneNoteのキャッシュが入っているフォルダや、OneNoteの実行プログラムが入っているフォルダを覗いても スタイルらしき ファイルは存在せず。残るは「レジストリ」か、OneNote2016「実行プログラム(または DLL)」の中に入っているみたいですね。・・・という訳で、今のところ、入力フォントを変える方法は、ありません。スタイルが変更できないので、「スタイル=標準」で、既定フォントが使われるような 入力(半角スペースを入力しない。スタイルを標準以外に設定しない。)をしていくしかないですね。



風水吉凶方位 風水吉凶方位 |  奇門遁甲 奇門遁甲 |  金運神社 金運神社 |  仏像 仏像 |  論語 論語 |  般若心経 般若心経 |  二十四節気 二十四節気 |  菜根譚 菜根譚 |  SharePoint活用 SharePoint |  OneNote活用 OneNote |  ICT活用 ICT