OneNote vs 付箋

Windows 10 Sticky Notes簡単にメモを残すツールとして かなり前のWindowsから存在する「付箋」というアプリケーションソフトがあります。登場した時は、フリーソフトなどでしたが Windows 10では標準ツールとして組み込まれています。最新の Windows 10では 「Sticky Notes」という名前で、6色の付箋が色々つくれて、最新バージョンではフォント色なども変えられるようです。

Windows 10 付箋(Sticky Notes)については、さまざまなサイトで紹介されているので、そちらを参照してください。
Windows10の付箋(Sticky Notes)の起動方法
Sticky NotesがV3.0に!Windows 10付箋⇒Sticky Notes

付箋(Sticky Notes)の長所は、すぐにメモを残せる「機動力」ですね。単純なキーワードだけでよければ、デスクトップに貼ってある付箋に キーボードですぐに入力できるので、メモ帳アプリや OneNote などと比べると楽ちんです。付箋(Sticky Notes)の短所は、多量のデータ管理ができない点、階層的な管理が難しい点ですね。画面上にペタペタ貼るアプリケーションなので、画面サイズまでしか メモれません。そして、色々なToDoなどを記載していっても、いっぱいになると見落としが出てきますね。階層的な管理は 色分け管理ぐらいしかできず...用途が限定される感じです。

付箋(Sticky Notes)と比較して、OneNote が勝っている点は「階層管理」「多量データ管理」です。とりあえずは付箋で一時保存しておいて、あとからOneNoteにまとめていくという利用方法もあります。



風水吉凶方位 風水吉凶方位 |  奇門遁甲 奇門遁甲 |  金運神社 金運神社 |  仏像 仏像 |  論語 論語 |  般若心経 般若心経 |  二十四節気 二十四節気 |  菜根譚 菜根譚 |  SharePoint活用 SharePoint |  OneNote活用 OneNote |  ICT活用 ICT