3回でロックアウト、そして24時間アクセス不可?

とある ソーシャルレンディングのWebサイトに ユーザー登録してから 数日経過した時のお話し。投資の申込をしたくて Webサイトにアクセスするが、パスワードを3回 間違って「ロックアウト」。これは ユーザーが一方的に悪いっていう話しなので、言い訳ができないのですが。その後、「パスワードリセット」したにも関わらず「ロックアウトしたから 24時間後まで使えません。」ってなりまして...どんな仕様でしょうか!?

ロックアウトは、ID/Passwordに対する不正アタック(例えば Passwordをやみくもに何度も試すような)の対策として、一定期間ログインできないように IDをロックする機能ですよね?ユーザーがWebサイトを使いたいけど パスワードを忘れた場合は、「パスワードリセット」すれば 「ロックアウト」も解除されるが普通なのでは?そこまで「気が利いたWebサイト」ばかりではないのは 存じておりますが。

HTML形式メールは当たり前なのか?

さらに言うと、そのサイト・・・パスワードリセットの案内メールが「HTML形式メール」なんですよね。選択の余地もなく。「いまどきは HTML形式メールでしょ?」って言われても、私は Webメーラーで HTML形式メールだと HTMLタグだらけになって メールが読みづらいんですよね。さらに さらに言うと、そのサイト・・・フリーメアドは登録禁止。「gmail, hotmail, yahoo以外で メールアドレス持ってますよね?」って言われても、そのサイト自体を信用してないので フリーメアド以外を登録したくないしw

Web技術に詳しくない人たちが作ったサイトの行く末は

色々なWebサイトを使っていて、「あ”ぁ これ不便」って思ったサイトって 消える可能性が高いので どうでもいいのですが・・・コスト重視なのか Webサイトを設計する能力が低いのかは解りませんが、お金かけるとこは 出し惜しみしちゃダメですね。そのWebサイトの目的は、「たくさんのユーザーに登録してもらって」、「たくさんの投資申込をしてもらう」なのに ユーザビリティが低いと ユーザーが登録を辞めちゃったり、投資申込を辞めちゃったりっと 目的達成できないってことになってしまいますので。



風水吉凶方位 風水吉凶方位 |  奇門遁甲 奇門遁甲 |  金運神社 金運神社 |  仏像 仏像 |  論語 論語 |  般若心経 般若心経 |  二十四節気 二十四節気 |  菜根譚 菜根譚 |  SharePoint活用 SharePoint |  OneNote活用 OneNote |  ICT活用 ICT