FTPのメッセージ

FTPのメッセージには、「制御コマンド」「転送パラメータコマンド」「FTPサービスコマンド」の3種類があります。

制御コマンド

制御コマンドは、FTPクライアントからFTPサーバーにログオンする際のコマンドや、ログオン後のカレントディレクトリ操作のコマンドです。

コマンド= USER <ユーザー名>

ログイン操作時のユーザー名の通知

コマンド= PASS <パスワード>

ログイン操作時のパスワードの通知

コマンド= CWD <パス名>

カレントディレクトリの変更

コマンド= CDUP

カレントディレクトリを親ディレクトリに変更

コマンド= QUIT

作業を終了してサーバーから切断

転送パラメータコマンド

転送パラメータコマンドは、ファイル転送(アップロード/ダウンロード)に関するパラメータを設定するコマンドです。

コマンド= PORT <ポート番号>

データポート用のTCPポート番号を指定

コマンド= PASV

パッシブモードへ移行

コマンド= TYPE <コード>

データタイプ(A:ASCII, E:EBCDIC, I:Image, L:Local)を指定

コマンド= STRU <コード>

データ構造(F:ファイル, R:レコード, P:ページ)を指定

コマンド= MODE <コード>

転送モード(S:ストリーム, B:ブロック, C:圧縮)を指定

FTPサービスコマンド

FTPサービスコマンドは、ファイル転送(アップロード/ダウンロード)の実行や、ファイル操作に関するコマンドです。

コマンド= RETR <パス名>

ファイルをサーバーからクライアントに転送

コマンド= STOR <パス名>

ファイルをクライアントからサーバーに転送

コマンド= STOU

ファイルをクライアントからサーバーに転送

コマンド= APPE <パス名>

ファイルをクライアントからサーバーに転送

コマンド= ALLO <10進数>

サーバーのディスク領域を予約

コマンド= REST <マーカー>

マーカー位置からファイル転送をやり直す

コマンド= RNFR <パス名>

ファイル名を変更

コマンド= RNTO <パス名>

ファイル名を変更

コマンド= ABOR

直前のFTPサービスコマンドを強制終了

コマンド= DELE <パス名>

サーバー上のファイルを削除

コマンド= RMD <パス名>

サーバー上のディレクトリを削除

コマンド= MKD <パス名>

サーバー上にディレクトリを作成

コマンド= PWD

カレントディレクトリのパスを取得

コマンド= LIST

カレントディレクトリのファイル一覧を取得

コマンド= NLST

カレントディレクトリのファイル一覧(ファイル名のみ)を取得

コマンド= SITE

サーバーの設定状況などの情報を取得

コマンド= SYST

サーバーマシンのOS情報を取得

コマンド= STAT

サーバーの動作状態を取得

コマンド= HELP

ヘルプ情報を取得

FTPリターンコード

FTPリターンコードは、3桁の数値で、1桁目が実行の成功・失敗を表し、2桁目がどのフェーズ(接続、ユーザー認証など)に関係しているかを表します。

(1桁目)= 1__

コマンドを受け付け、実行中

(1桁目)= 2__

コマンドは正常終了

(1桁目)= 3__

コマンドを実行し、次のコマンド待ち

(1桁目)= 4__

コマンド実行不可、一次的なエラー

(1桁目)= 5__

コマンド実行不可。恒久的なエラー

(2桁目)= _0_

コマンドの形式に関係

(2桁目)= _1_

情報の通知に関係

(2桁目)= _2_

接続状態に関係

(2桁目)= _3_

ユーザー認証・課金に関係

(2桁目)= _5_

サーバーのファイルシステムに関係



風水吉凶方位 風水吉凶方位 |  奇門遁甲 奇門遁甲 |  金運神社 金運神社 |  仏像 仏像 |  論語 論語 |  般若心経 般若心経 |  二十四節気 二十四節気 |  菜根譚 菜根譚 |  SharePoint活用 SharePoint |  OneNote活用 OneNote |  ICT活用 ICT