.NET Framework イベントログ書込方法

.NET Frameworkでは EventLogクラス(System.Diagnostics.EventLogクラス)のWriteEntryメソッドを使用します。 WriteEntryメソッドは パラメータ(メッセージ、イベントの種類など)指定で 10種類の呼び出しができます。EventLog コンポーネントのインスタンスを作成したり、手動でイベントソースをレジストリなどに登録する必要はありません。VB.NETを使用したサンプルを以下に示します。

1) 指定メッセージを イベントの種類「情報」で書き込み

2) 指定イベントソース、メッセージを イベントの種類「情報」で書き込み

3) 指定メッセージ、イベントの種類で書き込み

4) 指定イベント ソース、メッセージ、イベントの種類で書き込み

5) 指定メッセージ、イベントの種類、イベントIDで書き込み

6) 指定イベント ソース、メッセージ、イベントの種類、イベントIDで書き込み

7) 指定メッセージ、イベントの種類、イベントID、カテゴリで書き込み

8) 指定イベント ソース、メッセージ、イベントの種類、イベントID、カテゴリで書き込み

9) 指定メッセージ、イベントの種類、イベントID、カテゴリで書き込み(メッセージにバイナリ データを付加)

10) 指定イベントソース、メッセージ、イベントの種類、イベントID、カテゴリで書き込み(メッセージにバイナリ データを付加)



風水吉凶方位 風水吉凶方位 |  奇門遁甲 奇門遁甲 |  金運神社 金運神社 |  仏像 仏像 |  論語 論語 |  般若心経 般若心経 |  二十四節気 二十四節気 |  菜根譚 菜根譚 |  SharePoint活用 SharePoint |  OneNote活用 OneNote |  ICT活用 ICT